淋病感染症(淋病)

●淋病感染症(淋病)は性器クラミジア感染症の次に多い性感染症です。
●男性はすぐにはっきりした症状が現れます。
●女性は症状が軽く、進行するまで分からないこともよくあります。

あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)によって感染します。口を使った性行為では喉へ感染し、無症状または慢性の扁桃腺炎を引き起こすことがあります。膿や分泌物がついた手で目をこすると、結膜炎や角膜炎になることもあります。妊婦が淋病に感染していると、出産時に新生児に感染します。新生児は生後2〜3週間頃になると目ヤニ、結膜の充血により結膜炎を発症します。

女性の発症箇所
●女性の主な症状
・おりものが増える
・緑黄色の濃いおりもの
・陰部が痒くなる
・尿道から膿が出る
男性の発症箇所
●男性の主な症状
・尿道がかゆくなったり、痛む
・膿や少量の出血
・排尿時にヒリヒリと痛む
・尿が濁るような分泌物や黄色の膿が出る
・ペニス全体が腫れ上がる

女性では症状が少なく気が付かないこともあります。これを放っておくと子宮内膜炎や卵管炎を引き起こしたり、原因不明の下腹痛や発熱の原因になっていることもあります。卵管周囲の癒着や、卵管通過性の障害が起こり子宮外妊娠や卵管性不妊症の原因となることもあります。

男性の淋病の症状は尿道炎で始まり、女性より重い症状が現れます。放っておくと、尿道炎、前立腺炎を引き起こし、男性不妊症になることもあります。

あらゆる性行為によって感染します。

咽喉(のど)への発症箇所
あらゆる性交渉で感染しますが、咽喉(のど)へ感染してしまうこともあります。自覚症状がほとんどなくオーラルセックスで感染することが多く、主な症状として、喉の腫れ、喉の痛み、発熱、風邪のような症状が現れます。
気づかずに放っておくと咽頭炎、扁桃腺炎を発症します。

感染してしまったら・・・

感染日から2〜3日で検査可能ですが、発症までは2〜7日程度。

自覚症状がある場合は、早期に医療機関へ行くことをお勧めします。パートナーと一緒に感染している場合が多く見られるので、二人一緒に受診・治療をする必要があります

また、感染しているかもしれないという不安があるけれど、医療機関を受診する時間や受診に抵抗がある方は、自宅で検査することも可能です。その際もパートナーも一緒に検査することが望ましいです。

検査キットの購入はこちら

医療機関を受診するにあたって

もしも感染してしまったら、早期発見・早期治療をすることが大切です。症状が軽いからと軽視して受診せず、病状を悪化させてしまい、さらには他の方に感染させることは避けなければいけません。パートナーと一緒に治療することが大切です。

男性は泌尿器科・性病科、女性は婦人科(産婦人科)・性病科で治療を受けます。
咽頭感染の場合は耳鼻咽頭科を受診してください。

治療方法

1日〜1週間、注射により薬を投与。

治療方法

予防しましょう!

淋菌感染症の予防にはコンドームの使用が有効です。
オーラルセックスでの感染に注意して下さい。

性病を予防するには?ページへ