梅毒

●不治の病として知られていましたが現在は早期治療で完治します
●慢性の感染症で、何年もかかって進行していきます
●梅毒に感染すると、HIVウイルスにも感染しやすくなります

梅毒は性行為によって感染します。梅毒の病原体は”トレポネーマ”と言い、皮膚や粘膜の傷を通して体内に侵入し血液中に入って全身に広がります。口に梅毒の病変部分がある場合は、キスでも感染します。先天梅毒と後天梅毒に分けられ、後天梅毒は4期に分類されます。ただし、症状が出ない場合もあるため、注意が必要です。梅毒に感染した場合は、HIV検査もあわせて受けた方がよいでしょう。また母子感染で赤ちゃんに起こる先天梅毒は、妊婦検診が行われているため現在はほとんどありません。

第1期
感染3週間から3か月まで
菌が入った場所が腫れますが、放置しても消えます。女性は 小陰唇に分泌物がかぶっているグリグリしたものができます。男性は 亀頭または亀頭冠状溝に分泌物がかぶっているグリグリしたものができる。この後すぐに太ももの付け根のリンパ節が腫れる、痛みはなくすぐ自然に消えます。
第2期
3か月から3年まで
病原菌が血液に入り、全身に広がります。全身の皮膚や粘膜にブツブツや発疹ができることがあります。これは、バラ疹とよばれ(赤い大小さまざまの発疹)赤い斑点のようなものです。 痛みもかゆみもない、放置していてもすぐに消えますが、全身のリンパ節が腫れてきます。
第3期
3年から10年
皮下組織にできる大きめのしこりです。結節性梅毒疹やゴム腫などといわれます。一見体調のよい時期が数年間続きますが、皮膚や内臓で病気は静かに進んでいます。
(現在ではあまり見られません。)
第4期
10年以上
心臓、血管、神経、目などに重い障害が現れます。
(現在ではあまり見られません。)
 

あらゆる性交により感染します。母子感染もあります。

梅毒は性行為によって感染します。梅毒の病原体は”トレポネーマ”と言い、皮膚や粘膜の傷を通して体内に侵入し血液中に入って全身に広がります。口に梅毒の病変部分がある場合は、キスでも感染します。先天梅毒と後天梅毒に分けられ、後天梅毒は4期に分類されます。ただし、症状が出ない場合もあるため、注意が必要です。梅毒に感染した場合は、HIV検査もあわせて受けた方がよいでしょう。また母子感染で赤ちゃんに起こる先天梅毒は、妊婦検診が行われているため現在はほとんどありません。

 

感染してしまったら・・・

HIV検査もあわせて受けることをおすすめいたします。

自覚症状がある場合は、早期に医療機関へ行くことをお勧めします。パートナーと一緒に感染している場合が多く見られるので、二人一緒に受診・治療をする必要があります

また、感染しているかもしれないという不安があるけれど、医療機関を受診する時間や受診に抵抗がある方は、自宅で検査することも可能です。その際もパートナーも一緒に検査することが望ましいです。

検査キットの購入はこちら
 

医療機関を受診するにあたって

もしも感染してしまったら、早期発見・早期治療をすることが大切です。症状が軽いからと軽視して受診せず、病状を悪化させてしまい、さらには他の方に感染させることは避けなければいけません。パートナーと一緒に治療することが大切です。

男性は皮膚科・泌尿器科・性病科、女性は皮膚科・婦人科・性病科で治療を受けます。

 

治療方法

抗生物質のペニシリンの内服や注射で治療します。
ペニシリンのアレルギーのある人には他の種類の抗生物質での治療を行います。

治療方法

梅毒血清反応(STS)は治療してもなかなか低下しません。陰性化には数ヶ月〜数年かかることが多いので、定期的な診察や検査で確認することが必要です。

 

予防しましょう!

クラミジア感染症の予防にはコンドームの使用が有効です。
オーラルセックスでの感染に注意して下さい。

性病を予防するには?ページへ